だるま

厳しい審査じゃない商工ローンとは|お金に困ったら利用するサービス

収入は関係ありません

男の人

お金を借りるときに収入証明不要を望んでいるなら、カードローンがおすすめです。しかし、会社によって50万から300万と限度額が異なっているので注意しましょう。たとえ学生であっても定期的な収入があれば、カードローンであれば借りれます。

詳細を確認する

自宅で簡単キャッシング

pcを操作する男性

ネットキャッシングは、インターネットを通じてキャッシングの利用ができる便利なサービスです。申込は消費者金融会社や銀行などのホームページから行うことができ、借入れは振込みまたはネットバンキングによる入金となります。

詳細を確認する

資金繰りのピンチを救う

紙幣

審査に通りやすい融資

銀行から事業用資金の融資を受けるには厳しい審査を通らねばならず、すでに融資を受けている場合は審査がさらに難しくなります。また審査には一般に長い時間がかかるため、いざというとき間に合わない恐れもあります。ノンバンク系の商工ローンであれば、銀行ほど厳しい審査はなく、最短で即日の融資も可能です。一時的に資金がショートしてピンチに陥ったとき、商工ローンの利用で救われることもあるでしょう。商工ローンは基本的に担保が不要というメリットもあり、個人向けのカードローンのように、気軽に利用することができます。ただし経営者などを連帯保証人にする必要があります。正規の免許を受けた金融業者なら、違法な取り立てを心配することはありません。

銀行融資への影響

商工ローンから融資を受けていると、資金繰りに困っていると見なされ、銀行からの融資を受けにくくなると言われています。しかし政府系金融機関や銀行独自のプロパー融資は、商工ローンの利用歴を調査するわけではないので、黙っていれば分かりません。銀行側には情報が漏れないように注意することが大切です。同じ銀行ローンでもカードローンなどは、経営者が連帯保証人になっていると個人信用情報に記録されるため、コンピューター審査の過程で自動的にバレてしまいます。ですから融資を受けにくくなることは避けられません。いずれにせよ商工ローンは金利が高めなので、どうしても必要な額だけを借りて、早めに返済するのが上手な利用法と言えます。

毎月の利息を減らして楽に

クレジットカード

低金利のカードローンを見つけたら、積極的に高金利ローンから借り換えしたいものです。銀行カードローンは借り換え用として根強い人気があり、特に消費者金融から乗り換える方が目立ちます。銀行ローンは総量規制外のため、まとまった金額の借入に適しているのもメリットです。

詳細を確認する